美しい二重をキープするケア方法

理想の二重を手に入れてから美しさをキープするケア方法を説明します

アフターケアのポイント

美しい二重をキープするアイメークの方法

二重まぶたになったら、今までの一重とはメイク法も変わってきます。二重まぶたのメイクは立体感が出ますから、塗りすぎるとケバケバしくなってしまいます。それにアイメイクを強調しすぎるとコワイ目になってしまいますので、その加減が大事です。要所要所を強調して可愛い二重を演出しましょう。

それには、上まぶたの際にアイラインを入れて目の離隔をクッキリとさせる、まつ毛は一重のときはしっかりと上に上げたほうがいいのですが、二重でそれをやってしまうとかなり派手になってしまいます。まつ毛はマスカラを1本1本細長くすっきりと、放射線状に上を向かせるのがポイントですね。

目の輪郭の線をクッキリさせることで瞳が生きいきと輝きが増して、まつ毛の線を細くすっきりと伸びやかにすることで軽やかで可愛い印象にすることができます。

アイシャドウは明るめの色がおすすめですが、どこか艶っぽくて濡れた感じのメイクがオシャレですね。その艶っぽさを演出するには、ゴールドの輝き。ゴールドは日本人の肌になじみやすくて誰でも似合う色なので、(輝きメイク)の初心者にも大丈夫です。

簡単なのは、ゴールドアイシャドー1色を指先でまぶた全体に伸ばす方方法です。まぶたを立体的に見せますし、適度な華やかさをまぶたにあたえて、つややかな女らしさを引き出してくれます。日頃はさりげないメイク、パーティなどは華やかなメイクと使い分けしましょう。

美しい二重をキープするブルーベリー

美しい目を保つために良いといわれる食品はいろいろありますが、最近若い女性のあいだに人気があるのはブルーベリーですね。

ブルーベリーには「アントシアニン」という色素が多く含まれています。このアントシアニンが網膜の機能を活発化し、眼球疲労に効果があるといわれています。それに、抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれているので、ストレスや睡眠不足それにタバコ、大量の飲酒などによるドロドロな血液をキレイにすると言われています。ポリフェノールは体のサビを一掃して生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

生のブルーベリーは、これまで日本にはなかなか手に入りにくかったのですが、最近では高級スーパーなどでも手に入るようになったようです。缶詰や瓶詰、ジュースなら1年中手に入ります。それにカプセルになったものもありますがこれは便利ですね。

食物繊維が豊富に取れるのもいいです。ブルーベリーはそのまま皮ごと食べられます。整腸作用があり便秘にも良いしヨーグルトとの相性は抜群!!朝にはブルーベリージャムをトーストに塗って食べるのもいいし、ドロップでもシロップでも生でもOK!夏は凍らせたものを半解凍でもおいしい。

最近はブルーベリーをカプセルにした健康食品も発売されていますので、そうしたものを使用するのも手かもしれません。

美しい二重をキープするための日焼けケア

ここでは、目の周りのシワやタルミを取ったり、二重まぶたになる方法を紹介しています。せっかく若返ったりきれいな二重になったのですから、今度はお肌を大切にして、若さをキープしたいものですね。

若い肌を保つために大切なことは沢山ありますが、日焼けを防ぐことはとても大事なことです。特に目の周りの皮膚は薄いので日焼けによるダメージはかなりのものがあります。よく日焼けする職業(漁師、農業)の人の日焼けした肌はシワがとても深いですね。

目のまわりには特に日焼け予防をしっかりしましょう。日焼けクリームを塗ったあと、しっかりとパウダーをはたくのがポイントです。日焼け止めクリームは刺激が強いので、薄めに塗りましょう。

日傘を使ったり、つばの広い帽子をかぶったりするのもいいですね。サングラスを使うなら紫外線をカットするガラスを加工したものを使いましょう。今使っているサングラスが紫外線カットグラスでなかっても、メガネ店でレンズの交換をしてもらえます。

美肌に大敵目の疲労

パソコンなどで目を酷使して疲れたままで、アフター5にデート。実は、目が疲れることで大事なお肌がボロボロになっていくと言われています。これではせっかくの二重まぶたも映えませんね。

美容上の問題だけでなく、パソコンなどの作業で目が疲れると、目がかすむ、視力が落ちる、視界がぼやける、あうるいは肩がこる、背中が痛むなどさまざまな健康上の障害が起こりかねません。

夜遅くまでパソコンやTVなどみたり目を酷使する人は無理をせずに目を閉じて休憩することも大切です。昼間仕事で目を酷使する人は1時間に10分ぐらいは、休憩を取るようにしましょう。休むときは、なるべく遠くの山や緑などの景色を眺めるようにしましょう。座りっぱなしにならないように、時々体を動かして、伸びをするのも効果があります。

コンタクトレンズやメガネは目にあったものを。買った時と視力が変わっていることもありますので、時々眼科医でチェックしましょう。それと、しっかり「ビタミンA・E・C・B群」の摂取されることをお忘れ無く

美しい二重をキープする疲れ目ケア

最近の女性を見ていて気が付くのは、目の周りにクマを作っている人が多いことです。パソコンのディスプレイを、じっと見つめたり、細かいで作業で、神経を使う仕事。車の運転や機械のオペレーターなど。みなさん目が疲れているのでしょう。どんな仕事でも目は使います、最近コンタクトレンズを使う人が増えたことで、ドライアイなどのトラブルも多くなっています。

人は寝ているとき以外は目を使って生活しています。その症状や頻度などは人によって差はありますが、誰もが目の疲れを感じたりしたことはあるでしょう。目頭を押さえてみたり、こめかみを揉んでみたり、首や肩をまわしてみたり、知らずのうちにセルフケアをしているようです。疲れ目に目薬もいいのですが、できれば1日1回ぐらいは目のマッサージをしてあげましょう。

  • 眉頭の間(眉毛の一番内側)と、目頭と鼻の間のくぼんだ部分をゆっくりと人差し指で押して見ましょう。
  • 目の下のくぼんだところを、人差し指と中指と薬指の三本を使って、ゆっくりと押してみましょう。
  • 目の周りにくぼみがありますね、そのくぼみの周りをゆっくりと押し上げたり押し下げたりしながら、ぐるっと一週して見ましょう。

ことのときに、指で眼球を押したり、目の中に指や爪が入らないように注意しましょう!!

一重まぶたの人はここで紹介しています二重まぶたの裏技マッサージの方法やまずは目を大きく見開いて目力美人にをやっても効果がありますね。

目が疲れると、冷たいもので冷やしたくなりますが、暖めるほうが効果的です。暖めたミネラルウォータをたっぷり含んだコットンか蒸しタオルなどをまぶたの上にしばらく置いておくと効果的でしょう。100均などで売っているアイホットパックなどを利用するのもいいですね。せっかく美しい二重の目を手に入れても、疲れ目でクマができていたのでは台無し。日々のケアで大切な目を守りましょう。