切開法

二重が取れにくい、もっともスタンダードな切開法を説明します

切開法による二重まぶたの整形手術

切開法はもっともオーソドックスな方法で従来行われてきた方法です。切開法では、まぶたに脂肪がぽってりと付いている人やまぶたがたるんだ人などに多く行われてきました。かなりクッキリした二重のラインが出来ますので、埋没法で元に戻ってしまった方にもお勧めです。

切開法は、まずメスで二重にしたいラインにそってまぶたをカットして、次に上まぶたの脂肪を取り除き、二重まぶたのライン上を縫合します。のちに抜糸をします。

切開法では、かなりクッキリした二重まぶたのラインができますが、メスで切開し、縫合しますので、どうしても傷跡が残る場合があります。

ある程度はお化粧でカバーすればあまり目立ちませんが、女性にとっては気になるところでしょう。ただこの傷はある程度長い目で見ればかなりきれいになります。1~2年たっても目立つ傷跡はまぶたではほとんどありません。

切開法では、術後のハレがあります。2週間程度でおさまる場合もありますが、完全に落ち着くには埋没法に比べて時間がかかります。ある程度ハレがおさまるまで、サングラスなどを使用するほうがいいでしょう。

また、切開法では、クッキリした二重をつくる事ができます。逆にいえば、不自然でいかにも手術をしましたという感じになってしまいがちです。それに元にもどすのが難しいということです。二重まぶたを一重に戻す事はできません。

切開法の場合は、術後数週間のことを気になりますが、その後の長い期間の事の方が重要です。あまりハレを気にしすぎて手術の方針を決めない方がいいでしょう。