部分切開法

埋没法と全切開法の良いとこ取りの部分切開を説明します

まぶたの重たさがある方へおすすめな方法

上まぶたの脂肪がかなり多くついている場合、るいはたるみがひどい場合は埋没法ではきれいな二重にならない場合があります。そのような方の場合は部分切開法がすすめです。

まぶたの外側を数ミリほど切開し、その開放部から邪魔な脂肪の一部を取り除きスッキリとしたまぶにします。その後縫合し、二重のラインをつくります。部分切開法では、切開法に比べて切開口も半分ですみます。

術後ハレがないということはありませんが、それほど目立ちません。脂肪がかなり多く腫れぼったいまぶたの方や通常の埋没法ではなかなかクセが付きにくい方でも、スッキリし、クッキリとした二重を作ることが出来ます。以前に埋没法などで元に戻ってしまったり、糸が取れてしまったなどという人に有効です。

片方の目だけが二重で、もう片方が一重の方でも、片方だけ部分切開法で両方の目のバランスを整える事が出来ます。このほか、左が二重で右が奥二重とか、それに右が二重で左が三重で左右のバランスを整えたいなどなど。二重まぶたの方でも二重のデザインを変えたいという方にも有効です。

上まぶたにたるみがある人にも対応する事が出来ます。上まぶたをカットするときにたるんだ皮膚を数ミリ切除すればいいだけです。これできれいな二重になって驚くほど若返ることが可能です。