目頭切開法・マイクロ切開法

自然に目の印象を変える目頭切開法・マイクロ切開法の特徴を説明します

二重まぶたの目頭切開法

一重まぶたを二重にする施術でをはパッチリ大きくなります。「それだけではたりない!」「もっと大きく見せたい」という方におすすめなのが目頭切開法と言えます。

目頭の部分を覆う上まぶたの三日月状のひだを蒙古ひたと呼びます。東洋人特有のもので別名「モンゴルひだ」とも呼ばれています。
この蒙古ひだの一部を切開する事で、目が広がり大きく見えるようになります。

目頭切開法は、目頭の蒙古ひだをカットして縫合する方法です。手術の方法は三日月法、Z法、W法、リドレーブ法などがあります。
ご自身に合った方法を選ぶと良いでしょう。

蒙古ひだの張りが強い人は、二重にする施術を受けてもキレイな二重にならない場合があり、その際に目頭切開法を合わせて受ける事もおすすめです。

目頭切開法の特徴はとてもナチュラルに目が大きくなる事です。また、目の幅が広がる事で、離れ目などの悩みも解消できます。施術する事で、蒙古ひだが原因で一重だった人が自然な二重になり、奥二重もきれいな二重のラインができます。

二重まぶたのマイクロ切開法

上まぶたの脂肪が多くて腫れぼったい目の人にこの方法が適しています。脂肪が比較的多くついていますと、埋没法やナチュラルクイック法だけでは、クッキリとしたきれいな二重になりにくくなります。その場合は、埋没法やナチュラルクイック法などとあわせて脂肪を除去する方法をする事になります。

一般的なまぶたの脂肪を取り除く方法は5~10cmぐらいの部分切開が必要でした。しかし最近のマイクロ切開法ならわずかな2~3mmのほんの小さな穴をあけ、そこから特殊な器具を使って、脂肪を吸引するのです。

ごく小さな穴なので、今までのように大きく切開することも無く、縫合の必要は無くて、傷跡もほとんど残りません。抜糸必要もなくて、通院をすることもありません。脂肪を抜く事によって、腫れぼったさが無くなり、スッキリとした目になります。ただ、脂肪を取り除きますので、出血が多く、かなり腫れてきます。傷跡の回復に時間がかかります。脂肪の多い人と少ない人では若干、方法がことなります。

比較的脂肪の多い人は、まぶたの裏側から切開などせずに、細い注射器のような器具を使って脂肪を吸引します。比較的脂肪が多い人の時は、糸を通す部分に小さなほんの数ミリの穴をあけて、そこから脂肪吸引器で脂肪を取り除きます。