ナチュラルクイック法(埋没法)

心臓の手術で使用する極細の糸を使用して行う安全なナチュラルクイック法を説明します

早く自然な二重になる方法

ナチュラルクイック法は極細の医療用の特殊な糸を使います。一口に埋没法といっても、糸の留め方は様々ですが、ナチュラルクイック法では一ヶ所、または二ヶ所で大丈夫です。普通一ヶ所でOKなことが多いのですが脂肪が多い人などの場合は、きれいなラインを出すために二ヶ所を止めます。

ナチュラルクイック法は従来の切開法や埋没法に比べると様々な利点があります。糸の掛け方にも工夫があります。まぶたの裏側に完全に糸を通してしまうのではなく、皮膚と目の裏側を留めます。

これによって腫れにくく、二重も取れにくい特殊な方法なので傷跡も残らず、術後直ぐにメイクや洗顔なども翌日から可能です。美容整形というイメージより、まるでエステや美容院に出かけるような軽い気持ちで受けられます。

ナチュラルクイック法は、メスを使わずに糸だけで止めるだけですから、ハレなども無くて自然な二重まぶたになります。ですから整形などと疑われる事が少ないです。手術時間も短くて、両目でわずか5分ですんでしまいます。

埋没法やナチュラルクイック法は気に入らなければ元の状態に戻せます。美容整形外科手術では、やはり本人が気に入るかどうかが、もっとも大事な事ですから、元に戻せるという事は重要な事です。

元の状態に戻すのは糸をはずすだけですから、手術時間も5分ぐらいで、ハレもほとんどありませんし、傷もまったくと言ってもいいほど残りません。

元に戻せるという事は、あとで二重のデザインを変えることが可能です。一度手術をした後、二重の幅を変えたり、デザインを変えるなど、再手術する事で可能です。また二重まぶたにする事で逆さまつげが上向きになり、多くの逆さまつげが解消されます。

このようにさまざまなメリットがありますが、欠点もあります。

術後、二重のラインが消えてしまう事があります。これは二重のラインをつくるための糸が緩んでしまったり、ほどけてしまったりしてしまうためです。

まれに数年や10数年後、まぶたの裏に糸が浮いて出る事があります。その場合は糸を摘出する事が余儀なくされる場合があります。

移動販売はどんな商品を販売するかで必要な車両の大きさが変わってきます。調理をせず移動販売のみなら軽自動車のケータリングカーがおすすめです。大型車やクイックデリバリーなどに比べて少ない資金で車両を制作することができ、ランニングコストも抑えることができます。神根自動車販売のK-BOXなら、販売面の開口部も大きく調理台下の収納スペースも確保できて、使い勝手の良いように頑丈に制作してくれます。自社独自の車両構造にて内装を工夫すればピザ釜を設置しても調理スペースを広々確保することもできますよ。

http://www.k-box.jp/