理想の二重まぶたを手に入れる

二重でクッキリ目力美人の美容整形での二重まぶたの方法や二重まぶたの手術など分かりやすく解説

若返る上まぶたのたるみ取り

加齢とともに、シワが増えてきて目のたるみが気になりはじめます。上まぶたのたるみがひどくなってくると、かなり老けた感じに見えてしまいます。三重になってしまったりして、また若い頃とはすっかりと目の形が変ってしまったりします。上まぶたのたるみを取れば、若い頃のシャープな目元のラインを取り戻す事ができます。

このような上まぶたのたるみを取る方法は、切開するラインにしたがって切開し、よけいな脂肪やたるんだ皮膚を取り除いて、そののち切開口を縫合します。

切開口は二重の人は二重のラインを利用しますが、一重の人は同時に二重にする事が出来ます。もちろん一重のままも可能です。

二重まぶたの目の上の脂肪注入

若い頃スッキリとした目元も加齢とともに窪んできます。また、二重まぶたが三重になったりすることがあります。

窪んでしまったまぶたをふっくらさせるには、自分の皮下脂肪を注入する方法が有効です。脂肪はお腹や、太ももの余分な脂肪を専用の注射器で注入します。

脂肪細胞は、自分の皮下細胞を使います。異物などを使いませんので安全ですし安心感もあります。ちなみにコラーゲン法の場合は、事前に簡単なアレルギーテストをおこないます。

注入するコラーゲンは皮膚を構成する要素であり、きわめて安全性が高いものですが、まれにアレルギー反応を起こす人があります。

まぶたの窪みが少ない場合はヒラルロン酸やコラーゲンの注入で目立たなくなります。上まぶたの窪みが大きい場合は脂肪注入法が効果的です。皮下脂肪を注射器に入れて、ボリュームアップしたい部分に注入します。

メスを一切使いませんので傷などは残りません。自分の脂肪を使用する事で肌に馴染みやすくなり、心配される副作用は少なくなります。

お腹や太ももから取ったご自分の脂肪をボリュームアップしたい部分に注入し、ふくらみを持たせて修正します。部位や量を加減することで可能です。ですから自然な形でボリュームアップすることができるのです。

痩せて、疲れた暗い印象から、頬がふっくらして若々しい健康的な印象を見る人にあたえます。適度な脂肪があることによって、みずみずしい女性らしい美しさが取り戻せます。ご自分の皮下脂肪ですので、感触や外見ともにとても自然になります。

二重まぶたの目の下のクマ・たるみ取り

目の下のたるみやクマはかなり老けた印象を与えてしまいます。気になるたるみやクマは加齢とともに現れます。加齢とともに、目の下のたるみやクマが気になりだします。特に疲れた時などこのクマのせいでよけい疲れて見えてしまいます。

これは目の下にできる目袋は、脂肪が過剰にたまって起こるものです。年を重ねるごとに、脂肪が下がりまぶたへ負担がかかります。この状態が続く事で、目の下のクマとなるのです。

この場合も余分な脂肪とヒフをカットする事で悩みを解消できます。下まつげギリギリを切開し、余分な脂肪やヒフを切除し、ヒフを引っ張り上げて縫合します。

一般的に目の周りの血行は良くて、新陳代謝が活発で、まぶたのヒフは傷の治りも早いです。少しの間赤みは残りますが、将来的には傷も目立たなくなります。通常7~5日で抜糸を行います。

傷痕はまつ毛の生えぎわになりますので、目立ちません。抜糸の翌日から洗顔、お化粧が可能になります。アイラインなどを塗れば万全です。下まぶたのたるみを取りますと表情が明るくなって、若返り効果は絶大です。

二重に関する情報をお知らせ

二重が定着する年齢

二重まぶたに限ったことではありませんが、人の顔は年齢とともに変わってきます。一重だった人が途中から二重になったり、また逆もあります。一重から二重になる方が多いみたいです。とくに片二重の人は40歳までに両方とも二重になる確率はかなり高いみたいです。
そのことから一般に二重が定着するのは40歳ぐらいということです。ある程度頑張って二重になる癖を付けると40歳ぐらいまでに定着する確率が高くります。頑張ってナチュラルな二重になりましょう。

二重まぶた化粧品(アイプチ)のトラブルに注意

高校や大学関係者によると、放課後に二重まぶたの修正に余念がない女子学生が増えていると言います。手軽に理想の二重まぶたをつくる化粧品が人気を集めていているからです。
使い方を誤ると、まぶたがかぶれて炎症を起こしたり、肌のトラブルが起きやすいことも十分に認識して使用をしてもらいたいです。

二重まぶたの代名詞にまでなっている「アイプチ」はオペラ社の商品名で、特殊な接着剤をまぶたに塗り、綿棒のような器具で二重になるように張り合わせていきます。この他にも非接着剤の化粧品やアイテープなど多数の商品があります。

「アイプチ」は一度貼り付けても時間がたてば直ぐに元の一重に戻るので長時間使用して癖を付ける。これが元で肌のトラブルが増えているようです。

ある学生は使用を続けたことで、まぶたが伸びてしまって、使用をやめると垂れ下がったまぶたで視野が狭くなるためにしかたなく今も使い続けていると言います。また、まぶたに何重にもシワができてしまって、使用をあきらめ一重に戻った人もいたようです。

一方で二重まぶたを手に入れたことで、コンプレックスから解放され、明るくなったという学生ももちろんいました。まぶたに強いコンプレックスを持ち、二重まぶたを手に入れるまで、化粧品を使用しているがこれで二重まぶたにならなければ、最終的にはプチ整形をすることになる人もいるようです。。

薬局によると安価な500円程度の化粧品がよく売れるようだが、肌に少しでも異常があるようですと直ぐに使用をやめるように注意しても、それでも使用を続ける人は多いと言う。他人に二重でないことがバレルのが怖くてやめられない人が多いようです。

このサイトの情報監修:背中ニキビ 薬学研究所